定額手数料で比較

証券会社の比較RANKING

ネット証券会社では、1日の約定金額の合計で手数料を決める定額手数料を採用しています。

証券会社TOP > 定額手数料

定額手数料でネット証券会社を比較

定額手数料とは、取引回数にかかわらず、1日の約定金額の合計で決まる手数料体系のことです。

1約定ごとに決まる手数料体系の場合、その都度かかる手数料は少ないものの、取引回数が多ければ多いほどコストがかさむというデメリットがありました。

その点、定額手数料の場合、1日の約定金額の合計によって手数料が算出されるため、決められた範囲内なら何度取引を行っても手数料は一律となります。

そのため、1日の取引回数が多いデイトレーダーの方は、定額手数料を利用した方がお得になる可能性が高いと言えるでしょう。

ただ、定額手数料はほとんどのネット証券会社が採用していますが、中には対応していない証券会社もあるので注意が必要です。

定額手数料の比較表

ネット証券会社 取引金額別の手数料
10万円 50万円 100万円 300万円 500万円
楽天証券
463円
463円
926円
2160円
5400円
マネックス証券
2625円
2625円
2625円
2625円
5250円
SBI証券
100円
500円
900円
1740円
2580円
クリック証券
230円
430円
860円
1660円
2460円
アイディーオー証券
420円
420円
630円
1470円
2310円
岡三オンライン証券
100円
400円
800円
1600円
2400円
松井証券
0円
525円
1050円
3150円
5250円
内藤証券
190円
439円
790円
1630円
2470円
リテラ・クレア証券
210円
525円
945円
2520円
3150円
カブドットコム証券
-(定額手数料の取扱なし)
むさし証券
1260円
1260円
1260円
1260円
2520円
証券ジャパン
1575円
1575円
1575円
1575円
3150円

定額手数料の違い

定額手数料は1日の取引回数が多い方向けの手数料体系ですが、1約定ごとの取引手数料体系同様、取引金額ごとに手数料の設定が異なっているのがわかります。

初心者の方や、手持ち資金の少ない方には、10万円以下までなら何度取引しても手数料が0円となる『松井証券』がおすすめです。

一方、1日の約定合計が大きい方は、100万円以上の取引手数料において他社をしのいでいる『アイディーオー証券』がお得となっています。

ただ、手数料の計算がいちいち面倒という方は、300万円まで一律手数料の『マネックス証券』や『むさし証券』『証券ジャパン』を選んでみるのもひとつの方法です。

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料150円(税抜)~の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp

マネックス証券

ネット証券・初心者にも優しいオンライントレードのマネックス証券。
www.monex.co.jp/

SBI証券

SBI証券(公式)旧イートレード SBI証券口座開設はコチラ
www.sbisec.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 証券会社の比較ランキング All Rights Reserved.