ネット証券会社の比較のコツ

証券会社の比較RANKING

ネット証券会社を選ぶ際は、取引手数料やシステムの強度など、さまざまなポイントを比較検討するのがコツです。

証券会社TOP > 比較のコツ

ネット証券会社を比較検討しよう

ネット証券会社は数多くの種類がありますが、証券会社ごとに取引手数料やシステム、取引ツールの内容が異なっています。

そのため、ネット証券会社を選ぶ際は、それぞれの特徴を比較検討するのが大きなコツと言えるでしょう。

比較ポイントはいろいろありますが、ここでは特に注目するべきポイントを紹介します。

1.取引手数料

株式などで取引を行うと、1取引ごとに所定の手数料がかかります。

この取引手数料は各ネット証券会社が独自に設定しているので、たとえ取引内容が同じでも証券会社によってかかるコストは異なります。

取引手数料のコスト差はコンマ数円ほどですが、取引量が多ければ多いほどその差分は大きくなりますので、利益を生み出しやすいよう、なるべく取引手数料の安いネット証券会社を選ぶとよいでしょう。

2.システム

ネット証券会社はその名の通り、オンライン上ですべてのトレードを行います。

そのため、何らかのトラブルでサーバーがダウンしてしまうと、ここぞという取引タイミングを逃してしまいます。

たとえダウンしなくても、システムの強度が弱いと注文にもタイムラグが生じてしまうので、システムの安定性もしっかりチェックしておきましょう。

3.取引ツール

ネット証券会社では、トレードに使う取引ツールを独自に提供しています。

取引ツールは数多く存在しており、初心者向けのシンプルなものから、上級者向けの高機能性のものまで幅広く取りそろえられています。

取引ツールの利便性については個人差が大きいので、実際に使ってみるのが一番ですが、初心者の場合は、シンプルで使いやすいタイプを選ぶとよいでしょう。

また、取引ツールは無料のものもありますが、中には有料サービスとなっているものもあるのであらかじめチェックが必要です。

4.注文方法

株式取引の注文方法は多種多様にあり、それぞれ特徴が異なります。

基本的には自分のトレードスタイルに合った注文方法を選ぶことになりますが、利用するネット証券会社がすべての注文方法に対応しているわけではありません。

そのため、ネット証券会社を選ぶ時は、自分が利用したい注文方法を採用しているかどうかも比較検討のポイントとなります。

5.取扱商品

インターネットが普及する現代、株式取引だけでなく、FXや投資信託などさまざまな商品をネットでトレードすることが可能になりました。

そのため、近年はネット証券会社でも数多くの金融商品を取り扱っています。

それぞれの取引は独立していますが、資金の出し入れは1つの口座で兼用できるので、いろいろな取引を楽しみたい方は取扱商品の多いネット証券会社を選ぶことをおすすめします。

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料150円(税抜)~の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp

マネックス証券

ネット証券・初心者にも優しいオンライントレードのマネックス証券。
www.monex.co.jp/

SBI証券

SBI証券(公式)旧イートレード SBI証券口座開設はコチラ
www.sbisec.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 証券会社の比較ランキング All Rights Reserved.